性格を変えるには – 性格改造 – 根性論は抜きでいこう!

公開日:  最終更新日:2014/07/18

性格を変えるには

気持ちの問題は気合いと根性などで解決するのは難しいものです。
何かをしなければいけないと考え焦るよりも前に、自分という人間の脳と体のコンディションを最良に保つ方法を見つけ実践していくのが大事ではないでしょうか?

だるい体、ストレスで疲れきった脳、では頑張りようがありません。
オンボロの整備もされていない車で時速300キロで走ろうとするようなものです。
F1マシンとまではいかなくても、きっちり整備すれば、そこそこのスピードで走れるかもしれません。
何を食べ、どういう生活習慣で、どういう生活スタイルで生きていくのが毎日を良い状態で送れるかを早い時期に見つけ実践している人が、より勝者に近いのではないでしょうか?

おそらく早い人は子供の頃からの習慣がバッチリはまっているのでしょう。
例えば、勉強が楽しいという人もいます。
これは生まれもっての性格なのでしょうか?
長い生活習慣の積み重ねが、性格を作りだしているのではないのでしょうか?

前ページまでを、ざっくりまとめると・・・
①高タンパクな食品(肉、魚、大豆、乳製品など)を食べる。
②朝、日光を浴びてウォーキングをする。
③通ったことの無い道を歩き、入ったことのない店に入ってみる。
④周りの評価を気にしすぎず、自分で考えて行動するクセをつける。
⑤一から完璧な物を作ろうとせず、まず全体を作って肉付けしていく。
といった感じでしょうか?

①~③は、明日からでも何とか出来るのではないでょうか?
食べ物、生活習慣を見直して、自分でできる簡単な事から始めてみませんか?
そのうちに、気合いと根性のある人に変わっているかもしれません。

性格は変えられない

TOP 1 2 3 4 5 6 7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



新しい記事

2013.03.22 Fri
やる気の維持
PAGE TOP ↑