さげまん ~ 男は簡単に傷つく

公開日:  最終更新日:2014/06/16

男は簡単に傷つく

お金がない、家が狭い、いい車が欲しい、・・・

こういう言葉って嫌味で言ってるわけじゃないみたいですね。

子供に対しても「お金が無いから無理」「うちは貧乏だから」とか。

そういう事を簡単に言うけど、それって男のやる気を低下させてるって分かってる?

それを聞いて、そう言われないように頑張ろう!

なんて、思う人は少ないですよ。

稼ぎが少ないのは、本人が一番わかっていて気にしている事。

それをジクジクと責めても、お金が増える事なんて無い。

それよりも「毎日ご苦労様」とか言われた方が頑張れる。

稼ぎが少ないことは口に出さなくても、我慢しているのだなと分かる。

そんな妻子のために頑張らねばと思う。

そっちを刺激した方がいいと思うんですよ。

嫌味を言って発奮させようとしたり、そういうつもりは無くても貧乏話をしたりしてもねえ。

なにくそ!バカにされないように頑張るぞ!っていう事よりも、全然信頼も期待もされていないのだなと思ってしまう。

やる気が無くなる。

やる気の問題じゃなくて頑張れよと思うかもしれないが、頑張ろうと思っても頑張れない。

頑張るというのは、基本のテンションが大切なのだ。

子供に対してもそう、バカだ、バカだと言って、勉強させようとするのと同じこと。

それよりも、よく出来たときに絶対に褒めてあげる事の方が大事だと思う。

良い結果を褒めてやれば、次も良い結果を出そうと自然に思うもの。

結果よりプロセスが大事。それは終わってからの慰めの時。

頑張ったけれど結果が伴わなかった時に、初めて「よく頑張ったね」と言ってあげればいいと思う。

大人の男も同じ。

プレッシャーをかけすぎず、傷つけない。

めんどくさい生き物ですね、男って。

夫の不満

TOP 1 2 3 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



新しい記事

2013.03.22 Fri
やる気の維持
PAGE TOP ↑