借金滞納について

公開日:  最終更新日:2014/06/10

借金滞納Q&A

滞納するとどうなりますか?

ハガキが届いて、電話が来て、電話に出たら「いつ払えますか?」って話。
また放っておいて、電話が来て、電話に出ないようにして・・・とやってるうちに、自宅に来るところもあります。

でも払えないものは払えないので、放っておくと、「裁判します」的な通知が来たりします。
額にもよりますが、この段階で即裁判ってことは、あまり無いんです。

債権が債権回収業者、サービサーにいったりします。
債権回収業者も許可を受けて営業しているので荒っぽいことはしません。

中には数年間も滞納している人もいます。
そうなると差押えという事がおきます。
強制執行、動産執行というわけですが、そもそも返せるお金がないのに持って行く物もない人が多い。
生活に必要なものは持っていけませんからね。
こうなると、部屋には入られますが「何もない」という事を確認するだけ。

まあ家族がいると、ちょっとしんどいかも知れないけど、独身の独り暮らしなんかだと怖いものなしですね。

滞納中でも債務整理はできますか?

当然、出来ます。
債務整理をしようという人は滞納状態になっているケースが多いです。
それが出来ないとなると、今の今までキッチリ返していた人が突如として自己破産するという事になってしまいます。

自己破産も含めた債務整理に至るまで、ギリギリの状態で返済を頑張っていて、ある日「もう無理だな」と自分で気付く時が来るものです。
その時から、今までの「払わなければ」という気持ちがプッツリ切れて滞納、延滞が始まります。

そこから、いざ債務整理と気持ちが切り替わるのに、やはり少し期間がありますね。
早めに弁護士などに相談した方が、督促などに悩まされる期間を短くできます。
引張ったところで状況は悪くなることはあっても、良くなることはありません。
早めに対応した方がいいですね。

クレジットカードの滞納3ヶ月

クレジットカードの支払いなど、延滞し始めると次々と滞納となっていきます。
対応は貸金業者によって様々ですが、3ヶ月目ぐらいをメドにカードの返却や強制退会させられます。
3ヶ月の間にハガキや電話で督促を受けたと思いますが、自宅訪問なども始まります。

1ヶ月程度の延滞なら信用情報も傷つかない事もあるようですが、2ヶ月過ぎると「A」ですね。
延滞情報です。まあ仕方無いですけどね。

自宅訪問や会社に電話なんかされては嫌でしょうから、プレッシャーをかけるのが狙いなんですかね。
自宅に来たところで、払えるわけが無いのですが・・・。

あまりに露骨に嫌がらせをすると録音などされていて訴えられたりしますから、どの状態でも丁寧ではありますが・・・。

また一括返済を求められたりすると思うのですが、分割で払えない人が一括で払えるわけがないですよね。

税金の滞納は怖い?

借金などの返済に追われると、固定資産税や自動車税などを後回しにしてしまうことがあります。
当然と言えば当然ですが、自己破産などの債務整理をしても税金は免責されません。

督促状が届き始めたら要注意です。
まさか国や市が差押えなどを簡単にはするまいと思っていると、給料の差押えで預金から落とされていたり、もっと悪くなると自宅の差押えなどもありえます。

貸金業者と違って損得勘定なしで動くことがありますから、ある意味怖いです。
貸金業者は差押えるなどと言っても、あまりにも少額の場合は割に合わないので、すぐには動きません。
税の滞納などは意外にあっさりと差押えなどに動くことがありますから注意が必要です。

督促状や催告状が届いたら連絡をして、全額は無理でも滞納初期の分から少しずつでも納付していくのが安全です。
また固定資産税などの税金は意外に延滞金利率が高いので、放っておくととんでもない金額を請求され、全額納付しないと差押えなどと言われることもあります。
ただ1ヶ月ぐらいなら利率も低めだったり、延滞金が1000円に満たない場合は0になったりしますので、できるだけ早めに納付してしまいましょう。

住宅ローンの滞納・延滞は何ヶ月まで?

住宅ローンがどうしても支払えなくて滞納・延滞という状態になっている方が増えています。
住宅ローンには抵当権がついていると思いますので、払わないと期限の利益の喪失という事で競売に出されてしまいます。

競売に出されたから、家は無くなったけど借金も無くなるか?というと、そうではありません。
競売ではあまり高く売れませんから、差額が残ってしまいます。
これを避けるために、任意売却にもっていく事がありますが、家は残りませんし、それでも借金がゼロにはならない事が多いです。

こうなっては困るので、お金が出来たらすぐに支払いたいものです。
しかし、支払えないから滞納しているわけですから、支払えない間は不安で仕方ないでしょう。

うっかり口座に入金し忘れていただけなのに、1回ミスしたからといって、すぐに競売となるとたまったものではありません。
銀行としても、この程度で競売に出していては、せっかく利息を払って返してくれているのに何の得もありません。

おおまか目安ですが、通常は3ヶ月と6ヶ月に1つの目安があるようです。
3ヶ月までは、電話などかかってきますが、確認をするため程度で、その間に入金すれば大きな問題にはならないと思われます。
これを越えてくると別部門に回され、督促が厳しくなってきます。
それでも支払いがない場合、6ヶ月をメドに次の動き(競売など)に移ってくるようです。

延滞しそうなら、こちらから連絡をとって相談をした方がいいでしょう。
ローンの見直しなどの提案もあるかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



新しい記事

2013.03.22 Fri
やる気の維持
PAGE TOP ↑