不動産投資 空室と老朽化リスク

公開日:  最終更新日:2014/08/20

空室と老朽化リスク

不動産投資もうまくいけば安定収入が見込めますし、借入金の返済が済んでしまえば大きな資産を手に入れた事にもなるでしょう。
しかし、投資ですからリスクがあります。
株やFXなどの投資よりは低リスクだともいわれますが、リスク要因が多岐にわたりますよね。
また株などの少額でもできる投資と違い、ある程度の額の投資になってきます。

わかりやすりリスクとしては「空室」。
やっぱりこれですよね。
部屋を借りてくれない事には、まったく収入になりません。
収入にならないからといって、経費もかからないかというと、経費はほとんど変わりません。
借入があるなら利息が発生するし、固定資産税、その他維持管理費などは固定経費としてかかってきます。
そもそも変動経費は、それほど大きくないのです。

そして「老朽化」です。
マンションを一棟買いして、新築もしくは新築に近い状態だったとしても、早いうちに投資額の回収が出来ないと、年月が経てば経つほど価値が下がってしまいます。
これは資産としての価値はもちろん、賃貸物件としての価値でもありますね。
長期間借りてくれている人は意外と「古くなったのだから家賃を下げてくれ」とは言わないものです。
人によりますけどね・・・。
契約の更改などのタイミングでは言いやすくもなります。
それよりも、借主さんが入れ替わる時が問題です。
賃貸物件の築年数、近隣の家賃相場の下落などにより、家賃を下げざるを得ないことがあります。
中古物件を安く手に入れ、低家賃でも利益がでるようにするという考え方もありでしょう。

リスク回避のために早く

TOP 1 2 3 4 5 6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



新しい記事

2013.03.22 Fri
やる気の維持
PAGE TOP ↑