借金返済体験談⑥

公開日:  最終更新日:2014/06/16

自己破産は早いうちにしたほうがいい

自己破産申請しました。

もともと、家も無い、車もない、なーんにもないので自己破産したって困ることもありません。
取られるものがありません。
実家に帰って、しばらくおとなしくします。

今となってみれば、なぜこんなに粘ったのか?
ワケがわかりません。

最後の方は自転車操業。
いや自転車にもなっていない。乗れていない。
月の収入が5万円、返済は15万円。
わははっ! どう考えても無理だ~!!

借金の原因は低収入。贅沢したんじゃありません。

で、自己破産したのはいいんです。自己破産で自分の借金はなくなります。
クレジットカードなんかは作れなくなりますけど、もともと金があればカードなんて必要ないですから。
買い物もあんまりしないし。
だから借金がなくなったらカードもいらない。

往生際が悪いとロクな事にはなりません。
自己破産も早い決断が大事です。

というのも、自転車操業になってからは借金を返済するために、親から借りる、兄弟から借りる、友人に借りる。
みんなよく貸してくれたものだと思います。
返せる当てがあるように話をして借りていました。
でも知り合いに借金を頼む時、これほど心苦しいものはありません。
つらい思いをして借りても右から左です。

金融業者には悪いですが、お金ができたら友人や家族には返済したいと思っています。
でも今のところ当てはありません。

もっと早く自己破産しておけば、親の預貯金も残ったでしょう。
親をスッカラカンにして、結局、自己破産。
自己破産をしても親の金は返ってきません。
自分だけの範囲で行き詰った時が、ほんとの潮時だったんです。

友人の信用も失わなくってよかったでしょう。
自己破産した奴を信用してくれるかどうかわかりませんが、借りた金を返さない人間よりは信用できるでしょう。
結局、自己破産してるからダブルです。

決断が遅くなって周りの人に迷惑をかける前に決断してしまいましょう。

妻に借金の存在を打ち明けたら・・・

TOP 1 2 3 4 5 6 7 8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



新しい記事

2013.03.22 Fri
やる気の維持
PAGE TOP ↑