体幹を鍛えて若返る

公開日:  最終更新日:2014/06/07

若い時と比べて、一番使わなくなる体の部分は
どこでしょう?

やはり足でしょうか? それとも腕?でしょうか。

確かに若い時ほど歩かなくなりますし、
意味も無く?走り回ったりすることもありません。

何もしなければ、加齢とともに全体的に筋肉が衰えてくるものですが、
歩く時間が少なくなり、座っていたり、寝転がっている時間が増えると
足や腕などの筋肉よりも体を支える筋肉、つまり「体幹」の衰えが進みます。

「体幹」は非常に重要な筋肉ですが、よほど弱らない限り、あまり使わないように動けるものです。
最近は便利になり、体全体を動かさなくても出来ることが増えていますからね。 そうしているうちに、だんだん動くこと全てが、だるくなってきてしまいます。
そうなってくると悪循環に突入してしまいます。

動かさない → 弱る → だるい → 動かさない

しかし、体幹を鍛えるのに激しい筋トレは必要ありません。
「ゆっくりとしたストレッチ」「短時間の軽いトレーニング」を継続することで維持、強化が可能です。

体幹を鍛えることで、慢性的な「だるさ」が解消され、行動的になる方が多いといわれます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



新しい記事

2013.03.22 Fri
やる気の維持
PAGE TOP ↑